筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

筋肉が収縮する速さと力の関係

実践の場で大岡理論を活かすためには、実際の動作の中で負荷がどのようにかかっているかを知る必要があります。ここでは筋肉が収縮する速さと力の関係について紹介していきます。

〝筋肉が収縮する速さ〞と〝筋肉が収縮する力〞の関係

筋肉そのものが〝スピード〞を生み出すためにできることは、収縮することしかありません。しつこいようですが、〈筋肉はそれ自体では収縮しかできない〉のです。もちろん、実際の動作において、スピードを速くするためには、他にも様々な条件が絡んでくるわけですが、筋肉自体の収縮するスピードが速くなければ、動作全体も速くなるわけがありません。遅い筋肉の収縮スピードで生み出された動作が速くなることはないのです。そして、この〝筋肉の収縮スピード〞がどのような力によって生じ、増大していくかと言えば、これも〈筋肉はそれ自体では収縮しかできない〉ことを考えれば、答えは1つです。〝筋肉の収縮する力〞によってスピードは生じ、その力が増せばスピードも増すのです。要するに、〝筋肉が収縮するスピード〞〝筋肉の収縮する力〞とに言葉上は分けられていても、同じものなのです。そのことを筋肉の性質の1つとしてあえて挙げるとすれば、次のように言うことができます。

筋肉は力とスピードを分けられない

筋肉の力とスピード図解

筋肉にとって、〝力〞〝スピード〞が不可分の関係であるということは当たり前と言えば当たり前のことなのですが、実は意外と見落とされがちなことです。「?」と思った方は、自らの体で確認してみましょう。例えば、あなた自身が、全力で腕のカール動作をしようとしている状況を考えて下さい。そして、その動作の中で上方へ向おうとする手が他の負荷によって止められているとします。あなたには、なおも力を出し続けてもらっているわけですが、このときもしも、ストッパーになっている負荷が突如として消えたとしたら、どうなるでしょう? そうです。あなたの手は発揮している力に応じたスピードで素早く上昇します。ストッパーによって動きが制限されている状態では、確かに手は移動していないわけですから、その時点で速度が発生しているとは言えません。が、制限がなくなった瞬間のスピードを観察すれば、たとえ手が移動していない状態でも、筋肉を速く収縮させようとする力が働いていることは分かります。
さらに、ストッパーとなる負荷を変化させて、手が上昇するときのスピードの違いを比較すれば、収縮スピードが、負荷に対して発揮される筋力の強さに応じて変化していることが分かります。それは次のような実験でも確認できます。似たような実験が続いて恐縮ですが、カール動作の負荷を20㎏と30㎏の2種類用意し、それぞれ、一定の位置で静止させてみて下さい。次に例のごとく、負荷を急に取り去るわけですが、20㎏の場合と30㎏の場合を比べてみれば結果は一目瞭然です。間違いなく30㎏のほうの手が上昇するスピードが速くなります。このように、筋肉は収縮するとき、その収縮する強さに応じて収縮するスピードも変わるのです。収縮が強ければ強いほど速くなり、逆に弱ければ弱いほど遅くなります。したがって、最大の収縮力を発揮したとしたら、最大の収縮スピードも発生していることになります。最大の収縮力を出しながら、ゆっくり収縮することはないのです。もしゆっくり収縮させることができているとしたら、その時点で、〝最大の収縮力は発揮されていない〞と言えます。「そんなの当たり前ではないのか?」多くの方がそう思うことでしょう。その通りです。ただ、それならば、筋肉の増強という目的の下でトレーニングを行う以上、ゆっくりとした動作がトレーニング効果を低いものにしてしまうことは、理解していなければなりません。

スロートレーニングでは効果がでない

筋肉は強い負荷を経験することでより強い収縮力を得ますから、現在のレベルよりも弱い収縮力しか必要としない状況では、それ以上に強くなることはありません。つまり、余力のあるレップスで、あえて遅くて弱い収縮力を出しているようでは効果は出ないのです。仮にスロートレーニングで効果が出たとしても、それは、ゆっくりとしか動かせなくなった余力のなくなった状態で得られた効果です。この状態で目標のレップスを完遂しようとすれば、結局筋肉の収縮スピードは最大限に発揮されているです。余力のある段階でわざわざゆっくり動作させることは、余計なエネルギーの消費からもたらされる疲労によって、本来その重量で発揮できるはずの収縮力の上限を、ずいぶんと下げてしまいます(とはいえ、実際のトレーニング動作の中で最大スピードを発揮することは、余力のある重さであればあるほど危険であり、慣性によって重量に〝浮き〞が生じ、緊張の維持が困難になりますから、一部の方法を除いて、多少のスピードコントロールは必要になってきます)。





西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ