筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

リアレイズ

本格的にトレーニングを積んでいるにもかかわらず、なかなか肩が反応しないという人は多いと思います。ここではリアレイズ(方法・フォーム)を写真と図解で紹介していきます。

リアレイズの方法・フォーム

リアレイズ写真図解

サイドレイズよりも、より三角筋の後部に負荷が集中する種目です。リアレイズは、上体を地面と平行にするベントオーバーの姿勢で行います。まずナロースタンスで立ち、膝を伸ばしたまま水平位置までおじぎします。ここから拳を左右に振り上げます。このときに真直ぐ振り上げるのはなく、やや斜め前方に振り上げるようにします。うつむいて行うサイドレイズだと考えれば良いでしょう。したがって、このときのグリップは、肘関節よりも前にある必要があります。これもフリーウェイトトレーニング全般に言えることですが、ウェイトを目的位置に持っていくことだけを考えましょう。このときできるだけ高い位置で静止維持をし、維持できなくなった時点で反復し、同じ動作を繰り返して静止維持できなくなった時点でセット終了です。

肘を軸に手の甲を振り上げるようにすることによって、三角筋後部の最大収縮位置
に持っていくことができます。リアレイズもサイドレイズも、肘を軸に手の平ができるだけ正面に向くように動作することが、この種目の重要なポイントです。フリーウェイト全般に言えることですが、ウェイトを持っていない部位による先行動作などで目的筋肉部位を刺激できるはずなどはありません。何度も言いますが、その物体をいかに目的位置に持ってこれるか…それだけです。筋肉を鍛える上において、目的意識のない動作など何の意味も持たないのです。
※サイドレイズの場合と違い、前腕が肘より下がっています。しかしこれは、結果的にこのような形になっただけで、決して肘から上げようとした結果ではありません(この場合も腕を外旋させています)。あくまでダンベルを握った手を高い位置に持っていこうとすれば良いのです。肘は関係ありません。




西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ