筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

筋肉は最大筋力位置で作ろう!!

同じようにトレーニングをしているように見えても、大きな成果を出す人のトレーニングのフォームには必ずある共通点があります。耐えるべきところ、頑張りどころが、小さな成果しか出せないトレーニーのそれとは明らかに違います。だから、このページでご紹介する点をいったん理解してしまうと、もしもあなたがこの点に気づいていなかったとしたら、今後その体を、筋力を、劇的に変えていくことができるはずです。
これから述べようとすることは、非常に単純な真実ですが、現在のトレーニングにおける知識と言われるものを、根底から見直す必要に迫られるであろう内容です。この単純な筋肉の真実を目の当たりにすれば、皆さんは必ず変わることができるでしょう。

フォームとは

筋肉は最大筋力位置で作る筋肉は最大筋力位置で作るまずウェイトトレーニングのフォームとは、いかにスタートから負担なく、大きな負荷を最大筋力位置にもっていくかという方法のことであり、人間が大きな力を発揮するための知的なテクニックです。また、筋肉における最大負荷とは、その最大筋力位置で負荷を逃がさず受け止めていることなのです。したがって、筋力の向上とは、【大きな負荷を受け止められる筋力】と、【その筋力を使う方法】を兼ね備えていることで初めて成り立つものです。
このことを基準に考えれば、従来から当たり前のようにまかり通っているトレーニング知識として、"同じ負荷をより困難に辛く感じるところで行うことが、筋力アップにつながっている"などというものがありますが、あれが、いかに滑稽なことであるかに気づけるはずです。やりようによっては軽く行える動作を辛くなるように追求することが、どうして筋力向上につながるのでしょう?より筋力を使えなくなる方法を身につけているとしか言えません。そこで、そういった方法をさせられている人・させている人を、真実の筋力向上をさせるところに戻さなければなりません。いかに大きな筋力が発揮できるかという大前提がなければ筋力向上とは呼べないし、そのようなものは無意味です。もともと筋力の弱い位置から強い位置に、フォームによるテクニックなしには持ってくることはできません。したがってフルレンジでのストリクトな動作では、筋力の弱い位置だけで扱うことのできる負荷で行っているに過ぎません。ではどうすれば、筋力の弱い位置を回避し、弱い位置に合わせたトレーニングができるのかという疑問が自ずと生じてきます。それがフォームなのです。弱い位置から強い位置まで、できる限り大きな重量を移動させるには、どうすれば良いのか?そこで生まれたのがフォームだと考えるべきなのです。
フォームは、弱い位置からウェイトを移動させる際に、一番肉体に負担をかけないで動作できる方法です。その無理のない動作による限界負荷の向上こそが、筋力の向上と言えます。このことを基準にウェイトトレーニングは進化すべきです。より肉体に負担をかけず、より高負荷を扱える筋肉を身につけることこそ、現在の筋力トレーニングであるべきです。少なくとも私(大岡)はそう考え、それだけを研究してきました。この原点さえ見失わなければ決まった方法などありません。体に無理をかけないで高負荷を扱えることができるのであれば、どのような方法でも最良であることに変わりありません。また、体に無理をかけて、より高負荷など扱えるはずがないことは当然の真理です。

大きな筋力発揮に関節可動は伴わない

そこで、筋力を向上させるために重要なポイントとして、無理のないフォームであることに加え、【最大筋力位置で負荷を受け止める】ということが必要です。その位置で受け止めることが、関節や靭帯・腱に一番負担がなく、筋肉も効率良く刺激できます。ここで、まことしやかに今まで言われてきた勘違いをなくしましょう。それは関節可動全域で筋肉の緊張があると思われていることです。もちろん、そのようなことはありませんし、行うことすらできません。このことは筋肉の特性を検証することで、はっきり理解することができます。できる限り体に負担なく、できる限りの重量を扱ってトレーニングしてきた人であれば、誰しもが分かることです。
実は筋肉は、大きな筋力を発揮するときには、関節可動を伴った大きな動きの中で緊張を起していません。大きな筋力を発揮する場合は、一角度の範囲でしか緊張を起すことができません。そして、その筋力の発揮の仕方自体も多くの方が勘違いをされています。多くの方は、筋肉が短く収縮する過程の中で筋力を発揮していると思われていますが、全くの間違いです。大きな筋力が発揮されるときは、緊張した筋肉の反発を利用しています。ジャンプするときも、屈んだときが一番緊張が大きく、大きく飛び上がった瞬間の筋肉は、逆にゆるむのです。ボールを投げるときも、腕を引くときの緊張が一番大きく、投げた瞬間に筋肉はゆるみます。だから、このように大きな筋力を発揮するときの筋肉は、関節可動を伴っていません。大きな負荷がかかった瞬間に筋肉は硬縮し、その負荷に耐えようとするのです。したがって、この特性を利用し、最大筋力位置で筋肉の緊張を起し、その部位に負荷をかけて筋線維の破壊を促すのです。このことを理解すれば、筋肉はどの関節可動位置でも瞬間の緊張を作り出すことができますが、広い可動位置では筋力の伝達効率が落ち、靭帯や腱に負担をかけてしまいます。したがって、より安定した関節角度で大きな負荷をかけることが最良なのです。

チーティング&ストリクト

現在分かっているウェイトトレーニングにおける究極のフォームとは、スタートからフィニッシュのポジションに、いかに負担をかけずに持っていくかというものです。また、そのポジションに負担をかけずに持っていく動作こそ筋力を発揮するためのテクニックであり、そのフィニッシュの負荷の大きさこそが筋肉の大きさにつながるのです。このフォームを一言で言うと、【チィーティング&ストリクト】です。フィニッシュポジションを確定すれば、そこに持っていく過程や軌道を考えたり感じたりすることは無意味です。高重量または高負荷を楽にスムーズに持っていき、フィニッシュポジションでは完全にその負荷をしっかりと受けること、これだけが真実です。

リアクションレジスタンス

リアクションレジスタンスリアクションレジスタンスどうでしょう?『筋肉は最大収縮位置で作ろう』というこの記事のタイトルに、もう納得してもらえているのではないかと思います。では、納得してもらえたということを前提に、最後に今回の内容理解にも関わる話題を挙げます。その話題とは、手前味噌ながら、私の開発した『リアクションレジスタンス』についてです。
実はこのシステムの優れている点は、今回の記事から理解できることだけでも実感できます。先に述べたチーティング&ストリクトというポイントを守ってトレーニングを行おうとすることは正しい。しかしながら、扱うウェイトが重くなればなるほど、このチーティング&ストリクトには、非常に高度な技術が必要になってきます。それこそ重量挙げの選手が持っているようなスキルが必要になります。もちろんその技術を時間をかけて習得することは不可能ではないし、価値あることだとは思います。が、そうしたテクニックを長い年月をかけて習得したいと思うのは限られた人達です。そうなるとトレーニングが持つ素晴らしい恩恵を得ることのできる人達は非常に少なくなってしまいます。だから理想は、初心者はもちろんお年寄りや女性でも、ウェイトトレーニングの持つ本当の恩恵を特別なスキルなしに得ることなのです。実はリアクションレジスタンスがあれば、今やその理想は簡単に実現してしまいます。なぜならリアクションレジスタンスは、誰でもテクニックなしに最大筋力位置までウェイトを持ってくることができ、しかもその位置で、これまた特別なテクニックを使わずに筋肉の緊張を維持できるという仕組みだからです。
それを可能しているのはリアクションレジスタンスの持つ〝スピードを負荷に転換できる〞という機能。たとえ扱うウェイトが通常の半分程度であっても、それをスピードをつけて動作させることで強い負荷を生み出せるので、最大筋力位置まで楽に持っていけるにもかかわらず、そこで大きな筋破壊が起こせるのです。なぜスピードを負荷に転換できるのかは、別に秘密でも何でもないのですが、その原理を説明するとなると、また一つの記事ができてしまいそうなので、別の機会に譲りたいと思います。最後はリアクションレジスタンスの説明になってしまっいましたが、この機能の利点を体感できれば、よりいっそう"筋肉を最大筋力位置で作る"ことの大切さと、そのことを理解することで得られる恩恵の大きさに驚くことになるはずです。   




西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ