筋トレの真実!筋トレ動作の根拠と真実

フロントレイズ

本格的にトレーニングを積んでいるにもかかわらず、なかなか肩が反応しないという人は多いと思います。ここではフロントレイズ(方法・フォーム)を写真と図解で紹介していきます。

フロントレイズの方法・フォーム

フロントレイズ写真図解.jpg

サイドレイズよりも、より三角筋の前部に効果がある種目です。スタートでは、まず左の写真のように、ナロースタンスで立って膝を曲げないで前傾姿勢をとり、ダンベルを体の前に支持して構えます。ここから上体の反動を使って前方にダンベルを振り上げます。反動の使い方は、サイドレイズや、前回紹介したアームカールと同じです。この場合もできるだけ手の平が正面に向くように努力します。サイドレイズとの違いは、腕を前方に振
り上げるという動作であるということだけです。ここでも手の甲からダンベルを振り上げていくことになりますから、構えの段階から手の甲は前方に向けてあります。

できるだけ高い位置までダンベルを振り上げることで、三角筋前部の最大収縮位置になります。この位置でできるだけ静止維持させます。維持できなくなった時点で反復し、同じ動作を繰り返して静止維持できなくなった時点でセット終了です。なお、写真ではダンベルを使用して行っていますが、初心者はバーベルで行うほうが左右の振れがなく、安定して行うことができます。




西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

88.gif88.gif

スポンサード リンク.jpg

ページの先頭へ